A4クリアファイル対応サイズのメリット・デメリット

【デメリット】

◆重量が重くなる!

 

サイズが大きくなる分重量が増えて重くなります。

 

重さの違いはランドセルにもよりますがだいたい30g~70g程度です。

 

 重くなるということでデメリットとしましたが、お子様の体格によっては差は感じない程度とも言えます。

◆教科書やクリアファイルが痛む

 

どうしても窮屈な形で入れることになるので、教科書やクリアファイルが折れ曲がったりしてしまうこともあります。

◆出し入れがしにくい

 

 ゆとりがないので当然出し入れがしにくくなり、特に不慣れな入学時には少し不便に感じるかもしれません。

【メリット】

◆出し入れが簡単!

 

 大きくなった教科書やクリアファイルの出し入れが簡単なので、動作がおぼつかない入学当時には大きなメリットとなります。

◆教科書が痛まない

 

 出し入れに余裕があるので教科書やファイルも痛めずに扱うことができます。

◆内寸が大きくなる

 

 ランドセルにはいろいろなものを詰め込むタイプのお子様には、少しでも内寸は大きい方が体操服や上履きなども詰め込めます。

これらもメリット・デメリットがありますが、総合的にみるとあまり気にならない程度の重さであって、メリットの方が大きいという口コミが大半です。